知床観光におすすめの時期やスポット

知床の景色 旅の豆知識

世界自然遺産の知床を体験する

北海道の東北にあり、根室海峡とオホーツク海に挟まれている知床半島は、2005年に国内で3番目の世界遺産に認定されました。知床の地名の由来は地の果てを意味するアイヌ語から来ているという説があり、日本最後の秘境とも言われます。海から陸に繋がる生態系が見られ、希少な動植物の生息地であり、国立公園として自然の景観をそのままの姿で維持されています。冬はオホーツク海の流氷で覆い尽くされ、一緒に栄養分が運ばれるため、プランクトンが豊富になり、周辺に生息するアザラシ、オオワシなどのエサになります。
1,200mから1,600m級の山々が海のすぐそばにあるため、川は上流のみの状態で、サケやマスがふるさとの川に遡上するのに適しています。海と山が繋がり、海からの命が循環する生態系が作られます。また、シマフクロウなどの絶滅危惧種が分布し、国際的に希少なオジロワシやケイマフリなどの海鳥が繁殖しています。希少なシレトコスミレが見られ、オオワシなどの渡り鳥もやってくる知床は、海から高い山々まで多様な生息環境と豊富な栄養源により、生物多様性を実感できる場所です。
春から夏にかけては緑豊かな季節となり、エゾタヌキやエゾシマリス、エゾモモンガなど野生動物ののびのびとした姿を観察することができます。キタキツネやエゾシカなど北海道でお馴染みの野生動物にも会うことが可能です。また、観光船やシーカヤックに乗り、奇岩や滝など知床半島の貴重な絶景を楽しめます。冬は流氷砕氷船に乗り流氷体験をしたり、流氷ウォークなど知床ならではの観光を満喫できます。

知床の主な観光スポット

主な景勝地として知床八景が有名で、中でも半島の北西側のウトロから、車で約30分のところにある知床五湖は代表的な観光スポットです。原生林に囲まれた大きさの異なる五つの湖の周囲を散策する3kmのコースがあり、湖面に美しく浮かび上がる山々の峰が見どころで、トレッキングも楽しめます。散策方法は五つの湖のうち一湖湖畔まで1.6kmの高架木道を往復するコースと、五つの湖を囲む森を歩く自然遊歩道コースの2つです。気軽に歩きたい方は高架木道、湖全体の景観を楽しみたい方は自然遊歩道がおすすめです。ただし、自然遊歩道は時期によりガイドツアーが必要で、人数制限があるなど制約があります。
知床峠は半島の真ん中に位置し、標高が738mあります。好天時には羅臼岳から国後島まで見渡せる絶景ポイントです。フレペの滝は山々から浸み出した地下水が、垂直に切り立った100mほどの断崖から流れ落ちています。滝が見られる展望台まで片道約1kmの遊歩道が利用できます。オシンコシンの滝は落差50mの断崖から流れ落ち、途中で2つに分かれるため、双美の滝とも言われ、日本の滝100選の一つです。
国道344号線の先にあるプユニ岬は流氷や夕陽が見られる有名なビューポイントです。そして、ウトロ温泉街の野営場の一角にある夕陽台もその名の通り、オホーツク海に沈む美しい夕陽が見られます。ウトロ港奥にある高さ約60mのオロンコ岩は先住民族にちなんだ名前で、階段を上ると頂上から海岸線や岩礁など海の景色を一望できます。カムイワッカ湯の滝は滝そのものが温泉で、滝壷に入浴することが可能です。

観光におすすめの時期と注意点

まさに自然の宝庫である知床を観光するのにおすすめの時期は、緑豊かなシーズンとなる6月から実りの季節を迎える10月頃です。流氷を見に行くのであれば、冬の時期も楽しめますが、遊歩道などの散策は冬の季節になると降雪により通行止めになり、主な景勝地を巡ることが難しくなります。知床峠は11月からゴールデンウィーク前まで通行止めになるので注意してください。夏から秋にかけては野生動物たちが活発に動く様子を間近に観察することができます。
ただし、ヒグマが出没した場合はその一帯のルートは通行禁止になるため、掲示板などで確認することが必要です。また、夏休みシーズンになると、景勝地の駐車場は混みあうことを予想しておくことです。繁忙期は知床自然センターから運行しているシャトルバスを利用することをおすすめします。知床峠を挟んだウトロと羅臼では天気が違うことを知っておくと観光に役立ちます。ウトロに滞在していて雨天だったとしても、高い山に隔てられた向こう側の羅臼では晴れているということがよくあります。
雨模様のウトロで観光できないときは、車で峠を越えて羅臼の観光に足を伸ばしてみてください。知床の自然を満喫するには最低2日から3日かけてゆっくり楽しむ時間が必要です。宿泊地に選ぶなら宿泊施設と客室数が多いウトロ側がおすすめです。ウトロ側には100室超えの大型ホテルが多数あります。観光シーズンの繁忙期は7月8月と2月なので、この時期に観光を予定しているなら、ホテルの予約を早めに済ませておくことをおすすめします。

コメント